川崎市川崎区のDTMレッスンの教室。JR/京急川崎駅から徒歩8分。DTMユーザーに人気の高い、Cubaseの使い方や、作曲、アレンジ、オーケストレーション、ピアノ、レコーディング、ミックスをマンツーマン個人レッスン。初心者大歓迎のDTMレッスン教室です!そしてネット環境があればどこからでも受講可能で画面共有遠隔サポート。自分の時間を有意義にお使いいただける、オンラインレッスンも大変ご好評いただいております。まずは無料体験レッスンにてお問い合わせください(随時受付中です)

    
川崎DTMレッスン教室
川崎DTM教室無料体験レッスン申し込み
川崎DTM教室お問い合わせ

HOME | DTM初心者講座 | win7_64bit版を購入時の注意点(前編)

Nesteg music school 川崎DTMレッスン教室
- 川崎DTM教室講師が、独断と偏見でお送りする -

DTM 初心者講座


No.003 〜 パソコン選びについて 〜

パソコンを購入する時の注意点(前編)
Windows7 64bit版を購入する際の注意点(前編)

さて、初心者講座三回目のお題は、少し前から話題に上がっているWin7 64bit版に関するお話です。

そもそも、ここ最近になるまで、パソコンというのは32bit版というものが主流でした。これは、mac/Winともに同様です。

それが、少し前から、64bitというシステムが出始めてきていて、一般的には、やや定着し始めている。そんな現状(2011年3月現在)だとわたしは思っています。

では、そもそも32bit版と64bit版というのは何か違うのか?というと、それはマシンを構成しているスペックの、主にメモリーといわれる記憶装置部分に大きく関わりがでてきます。

従来の32bit版ですと、このメモリーは、約3GB程度しか使いきれないというシステム上の制限がありまあす。仮にマシン自体に4GB分のメモリーが装着してあっても、そのうちの約1GBは、意味が無いという訳です。

また、メモリーは多ければ多いほど安定した動作をし、また、多くの作業を一度に行えると言われています。例えばCUBASEの動作環境を見てみると、「RAM 2GB以上」と書いてあrますが、これがいわゆるメモリーを最低でも2GBは積んでおいて下さいね。という意味です。ちなみに2GBというと、3年くらい前までは結構最新に近かったと思います。
また、これはあくまで「最低動作保証」であって、らくらく動くということではありません。

実際に、32Bbit版で制作を行っていたわたし自身も、このメモリーの制限に何度も作業効率を落とされ、ずいぶんと困っていました。DTMで使用する最新のソフトは、どんどんと高機能になっており、便利になる反面、マシンのパワーをより多く使用するものも多く、大きな悩みの種だった訳ですね。
CUBSEのみを使った作業であればまだしも、外部のソフトなどをCUBASE等で動かすことになれば、動作の安定は望めません。

そこで、Win7 64bit版の登場に、Winユーザーは喜んだ訳です。なぜなら、64bit版のメモリ制限は、最低でも8GB。場合によっては192GBにも及びます。
これはものすごく大きな違いです。

しかしながら、この64bit版は、一般的には喜ばれるはずなのですが、DTMユーザーにとっては以外な落とし穴がいくつもあります。そのことに関しては、また次回にお話したいと思います。

無料体験レッスン受付中!!
 
川崎DTM教室お問い合わせ
 
NestegArts株式会社音楽制作

インディーズ・メジャーを問わず、J-Popsから映画音楽・劇伴など、幅広いジャンルの音楽制作を受注しております。

作曲、編曲(アレンジ)はもちろん、ミックス・マスタリングやレコーディング、演奏者の手配、CD制作・プレスから音楽配信、ステージ音響にいたるまで、音楽制作を必要とする人に向けたオンリーワンの制作会社です。

当教室講師も長年利用!!楽器を買うなら「サウンドハウス」がオススメです。

サウンドハウス